未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月の読書記録

<<   作成日時 : 2013/07/01 05:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

上脇博之 『日本国憲法VS自民改憲案』
エンゲルス 「ドイツにおける革命と反革命」 (『ME全集』第8巻)
レーニン 『労働組合論(中)』(国民文庫)
マルクス 「声明」 (『ME全集』第8巻)
いとうせいこう 『想像ラジオ』
伊藤真 『赤ペンチェック自民党憲法改正草案』
小谷敏 『ジェラシーが支配する国』
樋口陽一 『いま、「憲法改正」をどう考えるか』
奥平康弘ほか編 『改憲の何が問題か』
牧野広義 『知のエッセンス』
志位和夫 『綱領教室 第1巻』
志位和夫 『綱領教室 第2巻』
志位和夫 『綱領教室 第3巻』
飯田泰士 『ネット選挙のすべて』
松竹伸幸 『憲法九条の軍事戦略』
バルザック 『知られざる傑作』
マルクス 「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」 (『ME全集』第8巻)
一ノ宮美成+グループ・K21 『橋下「日本維新の会」の深い闇』
エンゲルス 「イギリス論」 (『ME全集』第8巻)
マルクス・エンゲルス 「『タイムズ』編集者への手紙」 (『ME全集』第8巻)
エンゲルス 「昨年12月にフランスにおけるプロレタリアが比較的に不活発だった真の原因」 (『ME全集』第8巻)
中山智香子 『経済ジェノサイド』
マルクス 「声明」 (『ME全集』第8巻)
倉田稔 『ヨーロッパ 社会思想 小樽』
マルクス・エンゲルス 「亡命者偉人伝」 (『ME全集』第8巻)
橋下現象研究会 『これでおしまい「橋下劇場」』
マルクス 「イギリスの選挙−トーリ党とウィッグ党」 (『ME全集』第8巻)
細川嘉六ふるさと研究会 『泊・横浜事件七〇年』
村山斉 『宇宙になぜ我々が存在するのか』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さんふらわあ南港乗船券販売所・関汽交通社

連合・サービス連合傘下の労働組合

関汽交通社社員さんへ

いじめ行為、嫌がらせ行為やめてください。

プライバシー等の人格権侵害行為もやめてください。

裁判所は、結論として、申立人らに対する面談強要の禁止、
申立人らの自宅前の道路の立入禁止、申立人らの監視の
禁止、申立人らのつきまといの禁止を命じた。

 その理由についてであるが、被申立人らの追尾行為、
それらが申立人らの生活の平穏、プライバシー等の
人格権侵害に該当することが明白であると述べ、
したがって、申立人らは、面談禁止、監視、付きまとい等
の禁止を求めることができるとした。

安心して、働きたいが労働者の要求です。

全国で有名になるまでがんばるぞ!

関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社

2004年に自殺した熊本県警巡査・山田真徳さん(当時22歳)の両親が、自殺は県警でのいじめが原因として県に約6960万円の損害賠償を求めた訴訟で、県は28日、いじめ行為を認定し200万円の支払いを被告側に命じた1審判決を支持した福岡高裁判決について、上告を断念した。
 高裁判決によると、山田さんは02年1月に県警の剣道特練部の部員となり、04年5月に機動隊の寮で自殺した。県側は「いじめはなかった」と主張したが、判決は「山田さんを長期間孤立させていたことは、部関係者らの証言で明らか」などとして、いじめを認定した。
さんふらわあ南港乗船券販売所・関汽交通社...
2013/07/01 22:51
連合・サービス連合傘下の

関汽交通社労働組合へ

女性のつきまとい行為やめさせてください。

特にお局さまは大迷惑です。

女性のしつこいアタックにノイローゼになりそうなほどの精神的負担を与えられているので、「平穏に生活する権利」を侵害されています。

まずは、女性に対してこれ以上付きまとうのであれば、損害賠償請求をするとの警告してみてはどうですか?

しかし、それでは効かないようでしたら、裁判所に請求して、女性からの接触を禁止する面談禁止の仮処分を出してもらうようにすることができます。

それでも、つきまとうようであれば、身の危険も考えられますので、警察の保護を受けることを考えた方がいいと思います。

面談禁止命令をもらっておけば警察も動きやすく、強要罪として逮捕してくれるかもしれません。

また、警察は「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」による禁止命令を出すことができます。

「特定の者に対する恋愛感情その他の行為の感情またはそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的」で同一人に付きまとった待ち伏せしたり、住居に押しかけるなどの行為を反復して行った場合、ストーカー行為として取締りの対象になるとされています。

ストーカー行為をした者は6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられ、警察署長等の禁止命令に従わずストーカー行為を繰り返した者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる事となっています。


連合・サービス連合傘下の
2014/07/01 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月の読書記録 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる