未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 心さわぐシニア文学サロン

<<   作成日時 : 2007/08/07 06:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日本民主主義文学会のホームページに次回の「心さわぐシニア文学サロン」の案内が掲載されています。
 8月19日(日)PM2:00〜 民主文学会事務所
 テーマ=現代のプロレタリア文学 (『すばる』・07年7月号 「プロレタリア文学の逆襲」)
 報告者=乙部宗徳
このテーマにすごく興味あります。『すばる』が 「プロレタリア文学の逆襲」として特集を組んでいるわけですが、なかなか興味深い内容でした。首をひねるような内容もありますが、この時代に特集を組んだことは意味あることだと思います。
 この特集を読んで刺激されて、『「文学」としての小林多喜二』の中の、楜沢健「「独房」の落書き」を読み直しましたが、最後の「未完の夢」のリレーという視点にあらためて注目しました。「儚い夢」かどうかは別にして、継承と発展を考えるとき、多喜二を現代に読むことの意義を一面的ではあるとしても考えさせてくれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心さわぐシニア文学サロン 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる