未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS REVIEW JAPAN 未来書評 600評に!

<<   作成日時 : 2006/12/23 17:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2003年4月27日から始めた「REVIEW JAPAN」への投稿が本日600に達成しました。約3年半で600は、最近はあまり書いていないものの、まあそれなりに頑張ったと思います。
 思えば「REVIEW JAPAN」に多喜二ライブラリー特選図書の書評を投稿し続けていたからこそ、「未来の小林多喜二」ブログも誕生しました。ただ、本を読んでいただけでは、今日の未来も未来ブログもなかったでしょう。
 600達成を記念して、599本目は小林多喜二「防雪林」、600本目を島村輝「多喜二の三極」について投稿しました。出来ははっきり言って不満足なのですが、今日はぜひとも達成したかったということもあり、内容についてはご容赦ください。
 「多喜二の全小説を書評に!」の目標を中断していましたが、ぼちぼち再開したいと思っています。実現するかどうかは別にして、今日はご報告まで。

 http://www.review-japan.com/folder/p1473.html 

 ちなみに、オンライン書店bk1の今週の書評ポータルに、未来の『横浜事件と治安維持法』の書評が紹介されていますので、以下に一部抜粋を転載します。なぜクリスマスの週のタイトルに教育基本法かは疑問ですが。注目したのは「この事実に鋭敏に反応した書評が届けられました」というところです。

「楽しいクリスマスの週が」
 やってきました。イルミネーションが華やかですね。街中が浮き立つ最中、59年ぶりに教育基本法が改正されたことは皆様もご存知のことと思います。早速、この事実に鋭敏に反応した書評が届けられました。“ブルース”さんは『教育と国家』の書評の中で、「改正を行った為政者たちの狙い」について鋭く言及しています。また、“未来自由”さんも『横浜事件と治安維持法』の書評の中で、「『愛国心』の押し付け、教育への政府の介入」を厳しく批判しています。
 教育の問題は社会全体の問題。当欄でも社会の動きにはきっちり目を向けていきたいと思います。

 http://www.bk1.co.jp/contents/shohyou/ 

 このページは来週木曜日夕刻には別のものに更新されますので、期間限定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
REVIEW JAPAN 未来書評 600評に! 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる