未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ルック・アップ』/渥美二郎/新日本出版社/「新しい作風、今後に期待できる!」

<<   作成日時 : 2005/06/06 05:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 こんな作品には初めて出会ったのかもしれない。楽天家の主人公を中心に、人間にとって大切なことを描いている。それなのに気負いや納得させようという押し付けがない。

 シングルファーザーになった高校教師。小学一年生の娘を抱えての奮闘記かとおもいきや、しっかり人間を語っている。
 楽天家の主人公がシングルファザーになって感じたこと、初めての料理、洗濯、子育て。そして高校教師らしからぬ教師生活。前半から半ばにかけては普通の小説、かと思った。

 千人の生徒がいる学校なのに、生徒は数人しか登場しない、百人の先生がいるというのに数人の教師しか登場しない。なんとなく全体を描ききれない力量不足の作家なんじゃないかと疑うような展開だった。
 テーマも、楽天家で指導力のない教師が生徒に助けられながら、文化祭成功めざしての奮戦記みたいな感じ。たいした作品じゃないのかな〜、と思いながら読み進めてしまう。

 ところが後半、文化祭直前からの展開は、ハラハラ、ドキドキ。血の通った人間像が浮き彫りになる。そして、この後半を生み出した力は前半の描写にある。
 成長する人間。繰り返しのように見えても、少しずつ変化する社会。そんなことをジワッと描いた作品だ。

 人間関係や社会関係など、狭い範囲しか描ききれていない。不十分さを言えばきりがないかもしれない。しかし、読んで良かったと思わせる作品である。
 後半の展開は、気負わない素晴らしさがある。今後の活躍が期待される作家ではなかろうか。

2003-12-17 REVIEW JAPAN 投稿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ルック・アップ』/渥美二郎/新日本出版社/「新しい作風、今後に期待できる!」 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる