小林多喜二と石川啄木

 akioさんから石川啄木と多喜二について書き込みがありました。以下に転載します。
 今日「大阪民主新報」みましたら「4・13:2008年啄木祭in大阪」の記事に目がとまりました。
第2部=「啄木を歌う」(ケイ・シュガー)です。(主催=新日本歌人協会)
この記事(2008・3・30付け)は、大事にファイルしなければなりませんね。

 実は、2006年2月18日に函館で「小林多喜二へのレクイエム」の集会がありました。その時、ケイ・シュガーさんが、「初恋:石川啄木の短歌に越谷達之助が作曲した有名な日本歌曲」を唄ってくれました。
 『砂山の砂に腹這ひ 初恋の いたみを遠くおもひ出づる日』 このような詩だったと思います。

 私の若きころは、「石川啄木」・「若山牧水」・「蟹工船」が愛読書でした。(本は、これしか家に無かったのがほんとうかな?川口松太郎「皇女和宮」は難しくてチョットネ)
 小林多喜二が「石川啄木」のこと書いていますね。紹介します。♪

1927年2月15日 田口瀧子 あて
 「啄木の歌にはいいものは非常にいいが、飛んでもなく変なものもある。それで、僕が一番すうと読んでみて、これならばと思われるのを選んでみた。歌の肩に印をつけているのがそうだ。印のした歌くらいは暗記をしていなければならない。寝る前に二つ三つ覚え、次の日仕事をしながら、一生懸命暗記するのだ。そうして覚え、時々口ずさんでみると歌の味いが、丁度スルメ(?)をかみしめるように、出てくるものだ。意味の分らないことがあったら、手紙に書いてよこせば、書いてやる。」・・中略「出来たら手紙に書いて寄こせ、そうすれば、直してあげるから。歌人ではないが、もとこれでも作ったことがあり、(後述)又煎じつめれば歌も小説も同じことだから。啄木の歌を手本にして、作ってみればいいよ。始めは啄木のものを真似をしていいから。では。 それから手紙が又来ないかのでがっかりしている。」♪ 

♪(後述):「歌の肩に印」akioが選んだ三首。?
『一握の砂=1910年11月発刊』から
① 東海の 小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる
② 砂山の 砂に腹這ひ 初恋の いあみを遠く おもひ出づる日
③ やわらかに 積れる雪に 熱てる頬を 埋むるごとき 恋してみたし
(恋歌ばかりだったかも知れません。この時期は瀧ちゃんばっかでしたから。)

 多喜二は1919年秋から1920年にかけて、小樽等の短歌会に参加しています。しかし、その作品をみますと「恋歌」は有りませんネ。詩は1920年4月「北海道の冬」を投稿し「西条八十」の選評を受けています。
○ノート稿1920.2.7「夜、我が友島田君と片岡君と一室に集い夜通し作歌。我は僅か23首に過ぎず。」 

多喜二の1920.4.7短歌
 春まひる 砂山かげに うずくまり うつつなにきく 波の音かも

"小林多喜二と石川啄木" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント