大阪多喜二祭と同盟運動

 今日は久々に何も予定もなく、久々にゆっくり読書タイムにしようと思っていたら、カーキー・ソルトさんから電話がありました。いつも「無理しなやー」「何でも引き受けたら体もたんから、断れるものはきっぱり断るんやでー」と優しい言葉をかけてくれる我が同盟の事務局長。
 何だろう、と思ったら、昨日の感想を明日の朝までにメールで送ってくれ、との依頼でした。「500字で、昨日の発言でもいいし、あんたやったらパッパッと書けるだろうから、よろしく」との優しいお言葉。あまりの優しいお言葉に、今日の読書計画が中断してしまいました。
 晩に一杯飲みながらでも、書こうかと思っていましたが、やっぱり宿題残していては読書に集中できません。パッパッと書いちゃいましょう。でも、ワードに向かうと堅苦しくなるし、楽しくもないから、ブログに書くことにしました。昨日の発言を踏まえていますが、順序や内容も違うものもあります。

 「大阪多喜二祭と同盟運動」

 私は治安維持法国賠同盟に加入して17年か18年になりますが、昨年初めて総会に参加し、同時に理事を引き受けました。理事といっても、もっぱら「大阪多喜二祭」のみのことをしただけですが、大阪多喜二祭の取り組みを通じて、同盟運動に確信をもったことを報告したいと思います。
 当初は同盟主催ということで始めた「大阪多喜二祭」でしたが、「多喜二サロン」兼実行委員会を開催する中で、実行委員会主催の幅広いものにしてはどうかとの意見がありました。同盟はこのような意見を柔軟に受け止め、実行委員会主催として開催する運びとなりました。
 「大阪多喜二祭」は大きな成功をおさめましたが、参加者の感想はさらにその意義を感じさせてくれるものでした。多喜二の文学と生き方に感動しただけでなく、現代の状況を踏まえ、「再び暗黒政治を許さない」ために「頑張って欲しい」ではなく「頑張りたい」との決意を幾人もの人が語っていることが特徴でした。私はこれらの感想から、同盟の目的、その役割がどれほど重要なのかに確信を持つことができた次第です。
 来年も「大阪多喜二祭」を開催するため準備を始めようとしていますが、本総会に参加された人が「大阪多喜二祭」に同盟員以外の人を誘って参加していただくことをお願いします。本日の総会でも同盟拡大の話が出されていますが、「大阪多喜二祭」を通じて3名の人が同盟に加入されています。多喜二を語れば、同盟の難しい説明をしなくとも加入してもらえることは実証済みです。
 来年の「大阪多喜二祭」成功のため、みなさんのご協力をお願いします。微力ではありますが私も引き続き奮闘することを表明します。
 以上

 何字だろう。500字なんて無理だ~。カーキー・ソルトさん、適当に縮めてください。これからは私の時間だ~。もう電話にもでないから、ゆっくりさせてね~。

"大阪多喜二祭と同盟運動" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント