「なぜ今『蟹工船』ブームなのか」記念講演のお知らせ

 本日、ササヤンからのコメントに「大阪民主新報」11月30日付け「なにわ人物往来」の紹介がありました。今週の「大阪民主新報」には、もうひとつ記事が掲載されています。「なぜ今『蟹工船』ブームなのか」講演のお知らせです。

 12月7日(日)午後2時~午後3時10分、大東市民会館3階第1会議室(JR住道駅下車)。講師=大阪多喜二祭実行委員会代表・治安維持法国賠同盟大阪府本部理事・小山国治さん(1面「なにわ人物往来」参照)。若者の中での『蟹工船』ブームをどう見るか、その背景はなどを語ります。参加費無料。主催=治安維持法国賠同盟大東支部。問い合わせ先06・6772・7555(同盟府本部)。

 とうとう仕掛け人から代表に祭り上げられたようです。それはそれとして、お近くの人はぜひご参加ください。また、これを機会に「大阪民主新報」のご購読を呼びかけます。大阪で「橋下知事の実態」と「多喜二情報」を知るには不可欠の新聞ですよ。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック