本日 大阪商大事件65周年記念講演会

 太平洋戦争のさなかの1943年、大阪商科大学(現・大阪市立大学)の中でマルクス主義研究と帝国主義戦争反対のための研究会を組織した教員・学生が特高警察に検挙・弾圧されました。この大阪商大事件から今年は65周年。今に生きる大阪商大事件の意義を考えます。
 講師は、大阪商大事件当時、学生としてかかわって検挙され、獄中闘争でも中心の一人として活動された林直道先生です。林先生は、大阪市立大学名誉教授、関西勤労者教育協会副会長です。

 「大阪商大事件と現代 - 太平洋戦争下の抵抗と学習 -
 日 時  9月27日(土) 午後2時~4時
 場 所  阿倍野区民センター・大ホール(地下鉄谷町線「阿倍野」駅下車1分)
 資料代 1,000円 
 問合せ  治安維持法国賠同盟大阪府本部 06-6772-7555
        関西勤労者教育協会  06-6943-1451

この記事へのコメント

未来
2008年09月27日 17:42
 商大事件の当事者、林直道先生の話は本当に良かったです。
 1943年当時に、誤った戦争に反対し、日本の敗戦という歴史の見通しを確信して、獄中でも闘い続けた学生がたくさんいたことは私たちの誇りだと思います。
 獄中で、危篤状態での自宅での死んだ仲間への林先生の話に心が熱くなりました。言論の自由、学問の自由は平和を築くうえでも重要な闘いです。
 どのような自由抑制をも許さない闘いが平和を築きます。先輩たちの闘いの火を継いでいきたいと思いました。

 大阪商大は、現在の大阪市立大学です。その二部の廃止が検討中だということです。現役の二部学生が会場でも存続の訴えをされました。
 私の青春には大阪市立大学二部の学生時代が刻印されています。昼間の大学に行けない働くものの学ぶ場をなくすなど、絶対に許されません。みなさんのご支援をよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック