オール与党発祥の地 大阪で変化?

 大阪はオール与党発祥の地です。革新自治体が全国に広がる中、その革新つぶしととしてはじめられたのが日本共産党を除くオール与党体制です。大阪から全国に広がりました。
 昨日の「読売」によると、この大阪でも民主党大阪府連が次期大阪市長選・知事選に独自候補を擁立する方針を決めたとのことです。
 しかし、政策への言及はありません。「中央で、自民党との対立姿勢を鮮明にしており、地方でもその姿勢を示したい」というのみ、です。

 知事選挙がある度に、「連合」の人たちに政策の一致しない候補者をどうして支援するのかと論戦をふっかけてきました。府政にあり方に批判的な人でも、返ってくる答えは「共産府政を阻止するために仕方ない」との政策なき反共むき出しの回答でした。
 今回、たとえ独自候補を擁立するとの方針を決めても、過去のオール与党体制やそこで進めてきた府民の暮らし破壊への反省もなく、府民本位の政治への期待はもてないでしょう。

 「明るい民主大阪府政をつくる 会」が近々候補者を発表するとの情報が聞こえてきますが、府民本位の府政実現へ政策を訴え続けることが重要です。現府政を変えてほしいとの声が渦巻いています。この府民の声にこたえる府政を実現しましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック