全国多喜二祭の報告が「不屈」No393に掲載

 治安維持法国賠同盟の月刊「不屈」No393号(2007年3月15日)に全国多喜二祭などの報告が掲載されています。「多喜二祭、3・15弾圧記念、墓前祭など各地で多彩な取り組み」と題して2ページの紙面を使って、北海道、秋田、岩手、埼玉、東京、神奈川、長野、岐阜、静岡、京都、和歌山、大阪、兵庫、福岡の様々な取り組みが紹介されています。
 貴重な記録としてこうした紙面に紹介されることは嬉しいですね。

 http://www17.plala.or.jp/chian/

この記事へのコメント

Prof. Shima
2007年03月14日 16:52
大阪をはじめ各地の多喜二祭の模様が「不屈」に掲載されています。ぼくの写真も出ていてお恥ずかしい^^。明日は「三・一五」です。79年前のこの日の未明と、現在との、距離はいかほどのものでしょうか。それを見極めなくてはいけないと思います。
未来
2007年03月15日 19:40
距離を縮めようとする人々もいますが、多喜二の火を継ぐ人もいます。
「一九二八・三・一五」当時、抗議の大衆行動はおこせなかったけれど、いまはまだ大衆行動をおこすことができます。真実を知らせながら、多くの人たちに呼びかけていきたいと思います。

この記事へのトラックバック