未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月の読書

<<   作成日時 : 2012/05/01 19:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 正月から読み始めた『マルクス=エンゲルス全集』の第二巻を読み終わった。第三巻は「ドイツ・イデオロギー」でほぼ一巻。ぼちぼち読み進めたい。
 考えること多く、このブログは読書記録のみになっている。カーキーソルトさんから、ブログの更新がないと指摘されたが、当面、読書記録だけはしておこうと思っている。フェイスブックのほうで発信しているが、これも少し滞り気味だ。
 まあ、元気に、あれこれ深く考えながら行動しているので、ご心配なく。4月の読書は、以下のとおり。
 なお、橋下氏関連の出版が相次いでいる。あまりにもつまらない内容のものは、記録することもやめた。橋下氏の「ウソ」を無批判に垂れ流すような本が、商品となってしまうところに、資本主義の矛盾と害悪が如実にあらわれているようだ。しかし、橋下氏に批判的な本も出版されている。ここに商業主義だけをみるのではなく、矛盾を弁証法的にとらえる視点も必要なのだろう。

新原昭治 『日米「密約」外交と人民のたたかい』
手塚英孝 「木曜日の午後」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
宮本みち子 『若者が無縁化する』
角田修一 『概説 社会経済学』
手塚英孝 「外套」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
『経済』5月号 「マルクス経済学のすすめ2012」
シェイクスピア 『お気に召すまま』 (岩波文庫)
安蒜政雄・勅使河原彰 『日本列島石器時代史への挑戦』
池内 了 『科学と人間の不協和音』
エンゲルス 「イギリスにおける労働者階級の状態」 (『ME全集』第2巻)
手塚英孝 「父の上京」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
二宮厚美 『新自由主義からの脱出』
エンゲルス 「大陸の社会主義」 (『ME全集』第2巻)
エンゲルス 「ドイツにおける共産主義の急速な進展」 (『ME全集』第2巻)
手塚英孝 「停留所にて」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
手塚英孝 「薬」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
産経新聞大阪社会部 『橋下語録』
ありむら潜 『震災・ガレキを乗り越えて カマやんの夢畑』
エンゲルス 「近代に成立し今も存続している共産移住地の記述」 (『ME全集』第2巻)
手塚英孝 「予審秘密通報」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
東京学習会議編 『新・日本国憲法講座 第一部』
エンゲルス 「エルバーフェルトにおける二つの演説」 (『ME全集』第2巻)
エンゲルス 「最近のライプツィヒ虐殺事件―ドイツの労働運動」 (『ME全集』第2巻)
馬渕浩二 『世界はなぜマルクス化するのか』
エンゲルス 「ヴィクトリアの訪問―「王室」間のいがみあい」 (『ME全集』第2巻)
手塚英孝 「「赤旗」地下印刷」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
手塚英孝 「落葉をまく庭」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
高橋哲哉 『犠牲のシステム 福島・沖縄』
エンゲルス 「ドイツの状態」 (『ME全集』第2巻)
手塚英孝 「土曜日の午後」 (『手塚英孝著作集』第一巻)
エンゲルス 「イギリス穀物法の歴史」 (『ME全集』第2巻)
手塚英孝 「宮本顕治宛書簡」 (『手塚英孝著作集』第一巻 了)
池田功 『啄木 新しき明日の考察』
エンゲルス 「『イギリスにおける労働者階級の状態』補遺」 (『ME全集』第2巻)
エンゲルス 「フーリエの商業論の一断章」 (『ME全集』第2巻)
山岡淳一郎 『震災復興の先に待ちうけているもの』
エンゲルス 「ロンドンにおける書国民の祝祭」 (『ME全集』第2巻)
マルクス 「声明」 (『ME全集』第2巻)
オキュパイ!ガゼット編集部編 『私たちは"99%"だ』
エンゲルス 「『イギリスにおける労働者階級の状態』の1887年アメリカ版への序文」 (『ME全集』第2巻)
エンゲルス 「『イギリスにおける労働者階級の状態』の1892年ドイツ語版への助言」 (『ME全集』第2巻 了)
武藤武美 『プロレタリア文学の経験を読む』
マルクス 「フォイエルバッハにおけるテーゼ」 (『ME全集』第3巻)
手塚英孝 「松岡荒村の遺稿」 (『手塚英孝著作集』第ニ巻)
シェイクスピア 『ハムレット』 (岩波文庫)
手塚英孝 「小林多喜二の原稿帳」 (『手塚英孝著作集』第ニ巻)
志水宏吉 『検証 大阪の教育』
シェイクスピア 『オセロー』 (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月の読書 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる