未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月の読書

<<   作成日時 : 2011/12/01 21:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昼間は仕事。夜は労働運動。非専従に戻って2ヶ月目。非専従で全体を見渡すのはなかなか難しい。けど、「木を見て森をみず」にならないようにしないといけない。
 11月の読書は以下。『資本論』はこだわって読み続けている。青木笙子著『沈黙の川 本田延三郎 点綴』は、本田延三郎の生涯だけでなく、小林多喜二との関わり、井上ひさしとの関わり、「組曲虐殺」に関することなど、興味深い内容だった。

画像カール・マルクス/宮川實訳 『学習版 資本論A』
友寄英隆 『大震災後の日本経済、何をなすべきか』
山田玲ニ 『資本主義卒業試験』
橋下徹/堺屋太一 『体制維新―大阪都』
赤旗編集局 『原発の闇 その源流と野望を暴く』
POSSE vol.12 『復興と貧困』
日野秀逸 『「被災者目線」の復興論』
柳田邦男 『「想定外」の罠』
画像内田樹ほか 『橋下主義を許すな』
安西祐一郎 『心と脳』
吉田謙吉 『築地小劇場の時代』
塩崎賢明ほか 『東日本大震災 復興への道』
小出裕章 『原発の真実』
ハイネ   『ドイツ古典哲学の本質』(岩波文庫)
柿谷浩一編 『日本原発小説集』
今野晴貴・川村遼平 『ブラック企業に負けない』
画像斎藤貴男 『民意のつくられかた』
北村俊郎 『原発推進者の無念』
有馬晋作 『劇場型首長の戦略と功罪』
池田知隆 『どうなる!大阪の教育』
山岡淳一郎 『原発と権力』
青木笙子 『沈黙の川 本田延三郎 点綴』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月の読書 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる