未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月の読書

<<   作成日時 : 2010/11/30 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 もう20年以上前からの付き合いになるけど、私が20代の頃から労働運動について身体ごと教えてくれた先輩と二人で一杯やりました。退職後に胃がんで全摘をしたにもかかわらず、がん発覚前の約束を引き受けて、高齢者運動を続けている人です。
 私の20代を思い出してしまいました。元気と勢いだけで、いま思うと恥ずかしい限りです。でも、あの時代に学んだことが、いろいろな面で身に付いているのだと、あらためて思いました。
 「学習しないとダメだよね」「そのうえでの戦略が必要だよね」「諦めずに粘り強く、ムダかもしれないと思うことでも繰り返すことが力になった」など、たくさんの話をしました。
 私の今の生き方の原点には、いろいろな先輩から学び、吸収したことが、知らず知らずのうちに活きているんだと思いました。良き先輩と、良き仲間の存在があるからこそ、いまの私の存在があるのですね。彼らに恥じない生き方をしないといけないね。そのことを強く噛みしめた時間でした。

 相も変わらず、私の知識欲は旺盛です。過去に学び、未来へのロマンを抱きながら学びたい、そして、それを現在に活かしたい。私は欲張りなのでしょうね。今月はこんな本を読みました。

画像高橋敏夫 『井上ひさし 希望としての笑い』
大槻久美子 『こころのケアのコミュニケーション』
西本裕隆 『現代ホームレス事情』
基礎経済科学研究所編 『未来社会を展望する』
ヘーゲル 『小論理学(下)』(岩波文庫)
杉原泰雄 『憲法と資本主義の現在』
小森陽一対談集 『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ』
尾崎一雄 『あの日この日』(上) 
高村是懿 『ヘーゲル「小論理学」を読む』(1)
画像岩佐茂編 『マルクスの構想力』
須田久美 『金子洋文と『種蒔く人』』
小久保哲郎・安永一郎編 『すぐそこにある貧困』
水川隆夫 『夏目漱石と戦争』
坂井克之 『脳科学の真実』
高村是懿 『ヘーゲル「小論理学」を読む』(2)
安田浩一 『ルポ差別と貧困の外国人労働者』
加藤幸子 『〈島〉に戦争が来た』
下村健一 『マスコミは何を伝えないか』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月の読書 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる