未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 見えないものへの想像力 そして真の解決のために

<<   作成日時 : 2009/01/02 17:56   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像 高垣忠一郎著『競争社会に向き合う自己肯定感』(新日本出版社)を読みました。高垣氏の著書は『生きることと自己肯定感』(新日本出版社)が初めてでしたが、「子どものためにも、大人は誇りと自信を取りもどせ」という主張に共感しました。
 本書は、著者が「セラピー文化」というセラピー・メッセージ集的なものなのですが、いくつか心にとまる言葉があり、読んでいる私も癒されたり、時々叱られているような気になったりしました。

 冬の昼間に公園の日溜りのベンチで寝ている「ホームレス」の人のことについて書かれていました。

 彼は、冬の夜は寒くて寝ていられない。下手に寝ていると凍死する。だから、夜の寒い時間帯は空き缶やダンボールを集める仕事に汗を流している。それだと凍死する心配はない。通りがかった誰かは、彼のそういう夜の姿を知りません。
 こういう「通りがかった誰か」のような人がいっぱいいます。偉そうに言っているこのわたしも、別の場面では同じことをしているかもしれません。昼の明るさのもとに現象する姿しか見ようとしません。その姿だけで物事を判断するのです。見えない世界に対して想像力が働かないのです。目に見える世界しか見ようとしないのです。そういう人間をあなたは、どう思いますか?
 「ホームレス」の彼の昼間の寝姿は、夜の彼の労働の裏面です。昼間っぱから寝ている姿が「問題」に見えるかもしれないが、ほんとうの問題は、夜に寒さを凌ぐホームがないことにあります。その現われた「問題」をとらえて、「昼間っぱから公共の公園のベンチに寝るな!」と叩き起こして、問題が解決したことになるのでしょうか?誰が考えても答えはわかります。


 著者が書いていることの一例を引用したのですが、こういうことって意外に多いのではないでしょうか。ひとつの現象だけ取り出して、その背景を想像することもなしに決め付けてしまうことって。私も気をつけなくてはならないことだと思いました。
 「貧困」の可視化も、これまで見ようとしなかったこと、隠されていたことが誰の眼にも見えてくるようになったからです。そして、それは自然に見えるようになったのではありません。それに対応する運動があったからだと思います。
 いまは、じゃあ見えるようになったら、どうするかが問われています。本当に「解決」するために力を合わせることではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます
(本当に「解決」するためには力をあわせること)
そうです!
31日に年越派遣村に自分にできることはないかと問合せをしました。そのときはボランティア、物資もあつまっていると嬉しそうに話していたのに…
今、TVで年越派遣村があまりにも多くの人があつまった為キャパオーバーとなり、5日まで講堂を使用する許可とれたと報道していました。実行委員の人が考えていた以上に事態は広がっているのでしょう。でも講堂使用の許可がとれたのは、派遣の人でけでない多くの人の怒りがあったからだと思います。
力をあわせること。今年こそ皆が!
今年もよろしくお願いします
よこ
2009/01/02 19:29
私も7時PMのニュ―スで、厚生労働省が庁舎ホールを派遣村に入りきれない人たちに提供するという決定を知りました。アナウンサーは冒頭、「異例の処置です。」と述べました。派遣村について積極的な報道をしてきたNHKや他のマスコミの力も大きかったし、湯浅氏らのヴォランティアの皆さんの行動が中央官庁を動かしたのは、すごいと思います。枡添大臣や麻生首相も、派遣村に顔をださないとまずいと思い始めているのではないでしょうか。
御影暢雄
2009/01/02 19:43
年越派遣村のニュースを深い思いで見ました。誰もがほおっておけない問題だととらえたとき、事態は変わっていくものだと思います。これからの社会を動かしていく道筋として、一つの大きな可能性を示した出来事だったといえるのではないでしょうか。
Prof. Shima
2009/01/02 21:31
よこさん、今年もよろしくお願いします。

みんなが力をあわせれば事態を動かせることを証明しましたね。
みんなの力を合わせることがどれほど重要か。
これからがますます重要ですね。
未来
2009/01/03 06:43
政府を動かしたのは感動でしたね!!
2009年は、いい滑り出しと言っていいかもしれませんね!!
未来さんが取り上げた本の、ホームレスの箇所、眼からウロコでした。想像力を働かせること、これを今年の自分の課題にしたいと思いました。
めい
2009/01/03 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
見えないものへの想像力 そして真の解決のために 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる