未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『貧困報道』 真実を伝えるために頑張っている人にエールを!

<<   作成日時 : 2008/10/23 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 いやー、日頃マスコミの批判ばかりしているのですが、ちゃんと真実を伝えるために頑張っている人たちがいることをついつい忘れてしまい申し訳ありません。今日はそんな現場で頑張っている人がいることを紹介します。

画像 先日来、東海林智著『貧困の現場』やメディア総合研究所編『貧困報道』などを読みました。マスコミの偏向報道、とりわけ総選挙間近?というもとでの報道にあきれ返って、ついついマスコミ批判ばかりしていますが、みなさん、現場で頑張っている人たちも沢山います。時には、そんな人たちがいることも考え、エールを送ることも必要だと思いました。

画像 『貧困報道』には、NHKスペシャル番組センターの「『ワーキングプア』を取材して」、日本テレビ「『ネットカフェ難民』を取材して」、朝日新聞特別報道チームの「『偽装請負』を取材して」など、現場の取材を通して国民に真実を知らせようとしている人の声が収録されています。この人たちを励まし、さらに充実した報道をしてもらうためにも、私たちはいい内容のものには声を届けることも大事なんだと思いました。

 『貧困の現場』は、出版されてすぐに読んだのですが、すでに何度も活用させていただいています。著者の熱い思いに胸が熱くなるし、貧困の実態を認識できていない人に現状を説明する時に説得力ある現実を示すことができます。真実を知らすために頑張っている人がいることを実感できます。間違いなくお薦めの本です。ぜひ、お読みください。

 ところで、『貧困報道』に、渡辺治氏のまとめ的論稿として「新自由主義と現代日本の貧困」が収録されています。渡辺治氏の理路整然とした論稿についも勉強されてもらっていますが、今回も新自由主義が進める柱と現状との関係がわかりやすくまとめられています。でも、今回の論稿には少し気になるところがあります。
 「ここで強調しておきたいことは、こうした新自由主義の停止、新しい福祉国家戦略は一国では難しいということです。グローバル競争の下で新自由主義は世界的に展開していますから、日本だけが新自由主義改革を是正して新しい福祉国家の制度を実現することは、おそらくできないと思います。そんなことをすれば、日本企業は、競争力が落ちてしまうのを嫌ってあらゆる抵抗をするだけでなく、外国への逃避も辞さないでしょう。」
 とあります。うーん、その後に「地域的に一つの経済圏をつくって」と説明しているのですが、ここのところはどうなのでしょうか。もちろん、渡辺治氏の見解ですから、それはそれでいいのですが、どうも気になって仕方がありません。
 かつて、「世界同時革命」論や、女性の解放は「社会主義革命」なくしてあり得ないなどという論が論じられたこともあります。でも、それって今では問題あると誰もが思いますよね。なんか、それと同じような気がしてならないのです。
 やっぱ、問題あると思います。みなさんは、どう思いますか。

 いま、いくつもの現実の壁にぶち当たっています。別に壁があるからといって、萎れてはいないのですが、高い壁を乗り越えるための地道な取り組みと、工夫を考えるうえでこのような問題はやっぱり払拭すべきものを抱えていると思います。私が払拭するのか、みんなが払拭するのか、その真偽は別にして誰もが納得できるものが必要だと思います。
 意見乞う!

 いやー、話が変わってしまいました。みなさん、真実を報道しようと日々努力している記者や取材者などには積極的にエールをおくりましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 友人に何か応援されているよと言われ、読ませて頂きました。「貧困の現場」を書いた東海林と言います。ありがとうございました。掛け値なしで元気づけられました。「好きに勝手にやってるから」と強がってはいますが、「新聞記者としてどうか」「ここまで一方的に書くか」などの批判があります。「書く必要があるから書く」と腹は決めていますが、このブログに書いて頂いたような声は、本当に励ましになります。ありがとうございました。
東海林
2008/10/24 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
『貧困報道』 真実を伝えるために頑張っている人にエールを! 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる