未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 未来の科学探求

<<   作成日時 : 2006/07/17 07:13   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 人間とは何か、生きることとは、など私の興味は尽きません。人を知るためには宇宙の誕生や生命の誕生など、科学の知識も必要だと思っています。
 5月25日に、中沢弘基著「生命の起源・地球が書いたシナリオ」(新日本出版社)への私の書評を紹介させていただきました。
 そこでは、これまでの「生命起源説を根底からひっくり返す注目の書である。生命の起源に興味ある人は必ず読むべし。これまでの「常識」がけっして科学的に十分説明できていないことに気づかされる」「生命誕生の瞬間を考えるうえで、画期的な説として注目できる。ぜひ読むべし!本書を読まずして、生命誕生を語ることはできないだろう。もちろん、今の時点ではだが」と書きました。

 この書評に対してオンライン書店bk1から3000ポイント(3000円分の本が買えるポイント)をいただき気を良くしていました。ただラッキーなだけですが。
 その後、7月9日「赤旗」に、中井泉東京理科大学教授が本書の書評を書いているのを発見しました。少し内容を紹介します。

 「私たちの地球で生命がどのようにしてできたかは、多くの研究があるが、いまだに大きな謎である」「従来は・・・『太古の海は生命の母』が通説であった」「本書は最新の学界の情報と著者自らの研究成果をもとに、・・・新しい説を提示する」
 「本書は、学界の最新の情報と重要文献が網羅され、関係分野の学生、研究者にも有用である」「最新の地球観と生命の起源について知ることができるので、広く我々地球人必読の書であり、特に中学、高校の理系教員に勧めたい」

 中井泉東京理科大学教授も「地球人必読の書」と勧めていることから、私の生命の起源に対する知識もまんざらじゃなかったと一安心したところです。なんとなく嬉しかったので紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
〈地球人〉とは、ほんとうに大きな考え方ですよね。
同じ地球人で、同じように生命を持っているのに、生命の重んじられ方が国とか立場によって違うのは悲しいことですよね。それはそうと、自分の生命や他人の生命を軽く扱う人間にならないようにこどもを育てるには、単に道徳的な観点からのみだけではなく、科学的にも正しいことを教えるべきだな〜なんて思いました。
めい
2006/07/17 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
未来の科学探求 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる