未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『プロメテウス』と古典学習

<<   作成日時 : 2006/06/18 06:56   >>

トラックバック 0 / コメント 14

 私が哲学の勉強しているのを知ったアキオちゃんから、『プロメテウス 小説マルクス・エンゲルスの生涯』全16巻をプレゼントしていただけるとの嬉しいコメントをいただきました。マルクス・エンゲルスの哲学を学ぶにあたって、この小説は最良の入門書ですね。アキオちゃんは勉強家でよく知っているなぁとあらためて思いました。アキオちゃんの気持ちに感謝・感激です。
 私にとって『プロメテウス』は意義深い本でした。私が購入したのは特装版第2刷(1986年2月20日)だから、25歳の時です。

 私は三人兄弟の長男、親の経済力は日々の暮らしをするのがやっとという状態でした。親は借金してでも私を大学にいかしてもよいと考えていたようですが、後に弟、妹が控えていることを思うととても進学する気にはなれませんでした。
 高校1年の時から就職して夜学に通おうと思っていました。予定どおり就職して大阪市立大学商学部二部に入学。就職一年目の収入の多くは妹の学費に回しました。文学部に行こうかとずいぶん悩んだのですが、実利を考えて商学部を選んだのです。マーケティングを専攻していたのだから、今考えると滑稽ですよね。

 でも、当時の大阪市立大学は『資本論』が必修ですから、これがその後の人生を左右することになりました。『資本論』を20歳の時に何とか読破していたので、これがずいぶん役に立ちました。
 普段は文学ばかり読んでいて、哲学は苦手でした。それでも古典を読まなければと悪戦苦闘していた時代があります。その積み重ねもあったのだと思いますが、『プロメテウス』でマルクス・エンゲルスの生涯と彼らの著作の時代背景を読んだことで、大きな飛躍がありました。
 それ以降、古典がすらすら(理解度は別にして)読めるようになったのですから、不思議ですよね。『プロメテウス』を読んでいなければ、いまだに悪戦苦闘しているかもしれません。いまでは哲学が一番好きな分野になっているのですから、これまた不思議です。

 ということで、『プロメテウス』は私の宝物として本棚にあります。私の記念すべき本をずばり言い当てたアキオちゃんの気持ちがとても嬉しいです。本当にありがとう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
未来さん。。
あなたの若き頃の(今でも?)勉学のこと知りました。
感謝のことばを聞いて嬉しくなりました。
もう一度、「プロメテウス」に挑戦してみようか!!
私が購入したのは。1985.8.10特装版第1刷
私が40歳の時でした。
アキオちゃん
2006/06/18 07:55
 アキオちゃん、『プロメテウス』に挑戦ですか!字が小さくて全16巻ですよ。ぜひ、挑戦して、このブログに紹介してください。
 今でも勉強が大好きですよ。子どもから不思議がられています。「お父さんがこれから大学行くとしたら文学部哲学科に行きたい」などと言うと、子どもは宇宙人を見るような顔をしています(笑)。
 子どもに哲学科なんて言っても、まだわからないのかな。「お父さんの本を売ったらなんぼになる?」が子どもの関心なんですからね(笑)。
 高校生の娘は、将来の仕事と結びつけて進学を考えているようです。我が家は子どものほうが現実的で、私のほうが夢をいっぱい持っているのですよ。夢見る中年も悪くないですよね?
未来
2006/06/18 10:54
そう!!生涯学習ですよね。
それが中々。出来ないんです?『白鶴・まる』が邪魔をする。
寝床に入って私は、最初に『囲碁の棋譜』を見るでしょう??(自称:昔はアマ5段{職場NO1}でした。)
ベロべろだから10手も見ちゃうとグーー??
そんで?プロメテウスを次の日に目で見ようとする??
(読もうとするのだが?)『マルクスさんにはどうしたら食べてもらえるのかわかりません。レンヘンが愚痴ぽっく言った。』(アキオちゃん*塩でもぶちまければ好いのにな?)と思っているうちに。。ぐーー?
 アキオちゃん
2006/06/18 18:38
 『白鶴・まる』が邪魔をするのですね。私は毎晩「キリン・ラガー」が邪魔をするのです。だから、さっさと寝て、毎朝を読書時間にしています。毎朝1時間から1時間半、通勤電車の中、昼休みが私の読書時間です。
 休みの日で家にいる時が唯一腰をすえて勉強する時間です。そんな日は朝5時頃から夕方5時頃まで、ほとんど本を読んでいます。でも、夕方4時頃になるとラガーちゃんが呼ぶので、ふらふらっと引き寄せられます。ラガーちゃんの誘惑に負けることのほうが多いかも(笑)
未来
2006/06/19 05:35
おふたりのやりとりに思わず頬がゆるみました^^白鶴まると、キリン・ラガーがね^^あはは♪でも、ランボオはアブサンのみながら詩を書いたというし♪でも、おふたりとも、とっても素敵ですね!知的好奇心がいっぱいで^^
めい
2006/06/20 19:20
酔いながらの知的好奇心と睡魔との闘い、やっぱり夜はラガーに負けてしまいます。だから知的好奇心のほうは朝に賭けています。
未来
2006/06/20 20:50
今日は、『○少なめ』いま・・囲碁対局のビデオみていました。(200手まで並べることが出来ました。そして安心してブログに参加できました。私は朝方の知的はダメです!!農家の生まれですから『夜なべ』なんです。朝焼けまでの晩学は酔うしました。(当時。酒飲んでいません??)そして朝7時の汽車に乗って通学していました。
 そんな時期、なぜか?我が家には「小林多喜二の『蟹工船』と川口松太郎の『皇女和宮』(たった2冊の小説)があってね。読みふけった記憶があります。
でね。。高校時代は3年間「図書委員」をやっていました。「松本清張」とか「ロマンローラン・・石川啄木とチョット関係ある。」「与謝野晶子」とか、受付にいる間読みふけっていました。(だって誰も貸し出しに来ないからね?)で・・汽車に乗って何時も8時過ぎに家路?に・・
めいさん。。(おれビールで酔ったこと無いから飲みません) ホントにね。生涯学習ですよね!!
アキオちゃん
2006/06/21 20:29
訂正!!
ロマンローランは「ジャンクリストフ」啄木とは関係有りません。
『ハイネ・・ローレライ』と石川啄木は関係ありと訂正します。(ここにお詫び申し上げます)
:恋の喜びや悩みを歌うハイネ(主ではないけど)
アキオちゃん
2006/06/21 20:44
農家の人は「夜なべ」で朝弱いのですか?私が農家の人と初めて親密に接したのは義父でした。義父は、私とどんなに飲み過ぎても、翌日の朝は明るくなると同時に田んぼに行っていました。私が起きる頃に仕事から帰ってきて、仕事終わりの朝酒を飲んでいましたよ。その時間は午前8時頃でしたよ。
誰も貸し出しにこない「図書委員」って有意義ですね。毎日読書三昧ですね。私はね、毎日図書館に行って、毎日本借りていました。図書館にある本の貸し出し票に私の名前はかなり書き込まれたと思います。
多喜二のように、ではなかったですけどね。
未来
2006/06/21 20:50
チョット訂正>>
「朝弱いっていうのは」勉学する時間がないっていうこと。7時の汽車に合わせて。4時ごろ起きて「手押しの除草機で田の草取ったり」「アゼ道刈ったり」何でもしなきゃ学校に行けなかったの!!だから「夜なべの晩学なの!!」
 そういえば、いま埼玉にいる甥っ子(46歳)は「夜なべの勉学している時、おギャー」
アキオちゃん
2006/06/21 21:26
アキオちゃんは、働き者なのですね。失礼いたしました。
未来
2006/06/22 05:21
はじめまして。

『プロメテウス』ですか!
懐かしいですね。何年か前に13巻まで読みましたが、一ヶ月くらいかかりました。エンゲルスが主役の残りの3巻はとても読む気力が残ってなかったです。
私は小説読んで、ブランキのファンになりました。マルクスより格好よかった。^^;
ではでは。
oldmole
2006/07/01 22:17
多喜二が亡くなった時、ロマン・ロランがなぜメッセージを送ってきたのかということを考えていたら、北条常久先生の小牧近江の評伝の一節に、小牧とロマン・ロランの交流のことが紹介されていました。その後小牧は帰国して『種蒔く人』を創刊し、種まき社の活動に旺盛に取り組むのです。ここにロマン・ロランが極東・日本の左翼運動に注目する縁が結ばれているのだなと思いました。拓銀に入社して間もない多喜二は同人雑誌『クラルテ』を創刊した時には小牧近江に献呈し、また原稿を依頼してもいます。多喜二、小牧、ロマン・ロランのトライアングルな関係性という妄想は膨らむばかりです。
アキオさんも、種蒔く人の一人として充実した生活を送られているとのこと、奇縁を感じます。
takahashi
2006/07/01 23:41
oldmoleさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
私はエンゲルスも好きです。文章はエンゲルスのほうが読みやすくわかりやすいですよね。
マルクスの死後、『資本論』の編集にあたったエンゲルスの情熱には心打たれます。
不破哲三「エンゲルスと『資本論』」で、エンゲルスの編集誤りが指摘されています。それはそれで大切ですが、少しエンゲルスが可愛そう(同情)になる面もあります。
oldmoleさん、また覗いてくださいね!
未来
2006/07/02 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
『プロメテウス』と古典学習 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる