未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『物質の宇宙史』/青木和光/「人間は星の子」

<<   作成日時 : 2005/09/16 05:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 私たちの体をつくる物質は、宇宙の歴史のなかでつくられてきた

 ビックバンと星における元素合成の過程をわかりやすく描いた宇宙史の入門書。最新の研究成果をも取り入れながら、ビックバンから物質の生成を丁寧に解説している。
 そして、宇宙史のなかにおける太陽系の解明から地球の姿を描き、私たちが住む地球とは何かを教えてくれる。

 本書は、ビックバン後の物質の生成を中心的な課題としながらも、銀河の進化や太陽系の仕組みを教えてくれ、大変興味深い内容になっている。
 ビックバン理論を解説した書は多いが、物質の観点から説明された解説書は少ないのではなかろうか。

 私たち人間が知りえている宇宙のなかにある物質は、たったの4%だという。残りの96%は未解明の物質であるそうだ。
 科学の発展の中で、宇宙の発生・仕組み、物質についてかなり分析が進んでいるもとで、4%という現実に正直言ってビックリした。

 ビックバン理論が提起されてから100年も経たない。しかし、140億年前の状態を推定できるだけの科学技術をもちながら、いまだに4%の物資しかわからないというのは、それほど宇宙の奥深さがあるのだと考えてしまう。

 自然は汲みつくせない。と言ったのは誰だったのか、今は忘れているが、まさにそのとおりかも知れない。それでも人間の知識欲は止むことなく、次第に解明されていくことを疑わずにはいられない。

 専門的な内容を、とてもわかりやすく記述している良い解説書だと思った。

2004-05-18

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『物質の宇宙史』/青木和光/「人間は星の子」 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる