未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『知のモラル』/小林康夫/船曳建夫編/東京大学出版会/「よりよく生きるための知とは?」

<<   作成日時 : 2005/09/29 19:59   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 知の三部作の完結作。これまで不十分だった『知』とは何かへの問いがいっせいに花開いた感を受けた。

 「はじめに」で「『どう生きるのか』『どう行為するのか』に触れられないような知ならば、何の意味もない」と明快に述べられている。
 簡潔な答えであり、最も意味深く、奥の深い解答である。それだけに最も難しく、最も定義しがたいテーマに挑戦しようという意気込みを感じた。

 「知とは人間による世界の理解、人間自身の理解であり、それを絶えず更新していく営みです。知を基礎としてさまざまな現実的な変革が行われます。ですから、そのような世界理解・人間理解がどのように創造され、伝達されるのかは、社会全体の未来にとって根本的な重要性をもっています」

 よりよく生きるための知、未来を創造する知、そのために知は貢献しなければならない。その知にはモラルが必要である。「モラルとは『ともにある』ことへと開かれた他者の存在を認め尊重すること以外のなにものでもない」

 執筆者すべての論稿を理解したわけではないが、この「知の三部作」の目指した方向が、この『知のモラル』でいっせいに花開いた。
 こうした視点の上ですべての教育が行われるなら、本当に未来ある教育となるのではないだろうか。この東大教養学部の挑戦に、私は期待してみたい。そして、大学という枠内だけではなく、すべての人間が「よりよく生きる」ために学べる環境と時間が保証される社会が求められている。

 いろいろな問題を提起しつつ、人間の知を問う視点に、拍手を送りたい。

2004-07-02

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
教育
ジャカルタのジム事情 うっさ先生になるために〜 竹取物語が作られた頃 文化祭゜・*:.。 政治資金報告 学習(がくしゅう) 『知のモラル』/小林康夫 ふーあと少し・・ おニューのパンプス二日連続は お風呂とラジオ ...続きを見る
「教育」ブログリスト
2005/09/30 00:48
教育
ジャカルタのジム事情 うっさ先生になるために〜 竹取物語が作られた頃 文化祭゜・*:.。 政治資金報告 学習(がくしゅう) 『知のモラル』/小林康夫 ふーあと少し・・ おニューのパンプス二日連続は お風呂とラジオ ...続きを見る
教育
2005/10/02 04:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『知のモラル』/小林康夫/船曳建夫編/東京大学出版会/「よりよく生きるための知とは?」 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる