未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『論理学 思考の法則と科学の方法』/鰺坂真/有尾善繁/梅林誠爾/世界思想社

<<   作成日時 : 2005/09/23 13:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 論理学と言えば難しい学問というイメージがある。たしかに難しい内容ではあるが、こうした思考方法の発展が世界の真実を明らかにしてきたことを忘れてはならない。
 また、人間が生きるうえで真実とは何か、人間が直面する現実にどう判断し行動するかを考えるためにも必要である。

 本書は、論理学の歴史、伝統的形式論理学、記号論理学、弁証法論理学、の4章で構成されている。アリストテレスの論理学からヘーゲルの弁証法的論理学の歴史を遡るとともに、それぞれの特徴をわかりやすく解説する入門書である。

 弁証法論理学を最高の哲学と考える哲学者は多い。しかし、忘れてはならないことは、形式論理学が弁証法成立の基礎となっていることである。
 一定の条件のもとでは、いまだに形式論理学は有効である。そして、汲み尽せないほど豊かな世界の真実を弁証法論理学は一歩一歩解明している。

 科学の発展に果たした弁証法の役割は大きい。また論理学の発展に、科学の発展が果たした役割も見逃すことはできない。
 科学的思考をするために欠かせない理論だと思う。一度挑戦してみてはどうだろうか。

2004-06-03

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『論理学 思考の法則と科学の方法』/鰺坂真/有尾善繁/梅林誠爾/世界思想社 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる