未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『灰の庭』 デニス・ボック 河出書房新社 「核兵器のない21世紀に!」

<<   作成日時 : 2005/04/24 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 広島で被爆した少女と原爆投下に関係した科学者との邂逅の物語。 原爆投下について、良心が咎めながらも、戦争を止めさせるには仕方なかったと自らを納得させる科学者。被爆直後の日本で被爆者の医療調査や「原爆乙女」の渡米に尽力するが・・・。
 50年後、1955年に自らが渡米のために尽力した「原爆乙女」と対面し、その事実を告げる。科学者と被爆少女との邂逅は終わったかもしれないが・・・。
 原爆やヒロシマ、大量破壊兵器の非道さをテーマにしながら、未だに続く核開発や大国の核抑止力論に対する警告がわずかにしか伝わってこない。二度と許すまじヒロシマを、そんな思いをもっと強く伝えて欲しい。
 過去の犯罪や犠牲を、ただ過去の問題として片付けてはいけない。その反省のうえにたって、同じ過ちを繰り返さない、そのことこそが人類に求められているのではないか。
 核兵器保有国、核開発国、未だに核の脅威が続いている。自国は核兵器、大量破壊兵器を保有するが、他国の保有は許さない、という姿勢は許されないだろう。、どの国も保有してはならないという認識が必要だ。アメリカの横暴は、この一点からもはかることができる。もちろん、北朝鮮の姿勢も大問題だ。
 核抑止論の立場に立つ限り、核の脅威は消えない。

2003-05-10REVIEW JAPAN投稿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『灰の庭』 デニス・ボック 河出書房新社 「核兵器のない21世紀に!」 未来 ― 私達の力で歴史を動かそう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる